いろんなことを思った10月は波乱万丈でした

ヒマラヤ水晶 マニハール
ALANKAR日記

今回ヒマラヤ山脈の麓の村で手に入れた、マニハール産ヒマラヤ水晶は、まずは自分のため。そして自分自身の作品制作のためという気持ちでした。

ヒマラヤ水晶を取り扱うのならば、この目で山を見ておかなくては気が済まないし、現地の情報を机上の知識だけではなく、苦労して行ってみることに価値があると信じて、過酷な旅路を選びました。

現場に行くのは最初で最後でしょう。

危険な崖道を何十時間もかけて走り辿り着いたのだから、しっかりと見てこようと決めて、現地の方々のお声に耳を傾け(ヒンディー語だから何言ってるか分かりませんが^^;でも、身振り手振りで何となくわかる)、ローカルの食事をとり、地元の方の生活のお邪魔にならないように気をつけ、大切にクリスタルを選ばせていただき、ヒマーチャルの地を後にしました。

日本に帰国した翌日から熱にうなされ食事も摂れず、3日間一歩も外に出ずに部屋に閉じこもりました。

熱が出てしまったのは、もしかしたら大量のクリスタルを大急ぎで荷ほどきし、一つ一つ選別していたからかもしれません。

ちょうど新月だったのでこの日にやってしまいたかったという気持ちがありました。

発熱と断食で、強制的に浄化されたのかもしれませんね。

11月に入り、ある秘密のディスカッションをして今後の目標を定め、やるべきこと目指すべき方向性がはっきりとしました。

ヒマーチャルへの旅、行くべきして行ったのだと納得しました。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。