クリスタル(水晶)って本当に面白い!

ヒマラヤ水晶 マニハール産
ALANKAR日記

水晶に始まり、結局のところ水晶に戻る。

最近、いろんな本を集めては読み漁っています。

でも巷に出回っている書籍はパワーストーンに偏っていて、本当に欲しい情報の記載はなかなか見当たらないというフラストレーションが・・・

先月ヒマーチャルで、奇跡的にマニハール産クリスタルの仲介業者と知り合うことができ、そのまま取引することができて、次回以降の道筋を作ってくることができました。

そして、大量のマニハール産クリスタルを持ち帰り、整理をし始めた途端にめまいや発熱、食欲不振からの断食、これがまる2日間。

体力を取り戻せたところで、ある方にそんな一連のお話をしたところ、「洗礼を受けたのね〜」というお答えが返ってきました。

何かを扱い始める、やり始めると決めた時に(私の場合は石。それもヒマラヤ水晶)、そういったお試しのような洗礼を受けることがあるそうです。

自分に合うとか合わないとかの石が混ざっていたとか、そういうことではないのは分かっていました。

なぜなら、今は全く平気だから。1週間ほどで完全に元に戻りました。

やっとこさ、一つ一つのクリスタルをじっくり観察することができるようになりました。

そうすると、最初は気づかなかったファセットや内包物が鮮明に浮き上がってくるんですよね。

具体的にいうと、レコードキーパーが浮かび上がっているもの、細いゴールドルチルが入っているもの、ウィンドウがあるもの、きれいなイシス、細〜いタイムリンクがあったり。

その他もっと観察するとたくさんの発見がありそうです。

オンラインショップに掲載したものもあるのですが、それらはほんの少し。

今回持ち帰れずにインドの相棒に預けてきたものもあるので、年明けには再度渡航することになるかな〜と。

展示販売が出来るのはそれからかな。などと、いろいろと次のことを考えています。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。