エチオピア産オパールの注意点

オパール
GEMSTONES

最近、エチオピア産オパールが人気ですね。多分、たくさん産出していて、お手ごろだからだと思います^^

しかし、扱いには注意が必要なようです。

例えば、オーストラリア産ホワイトオパールとエチオピア産オパールの違いって、吸水性と言われています。

産地によって、個体によってかなり差があるそうです。

乾燥している時の両者の見た目はそれほど違いはないです。乳白色の地に遊色がキレイです。

でもエチオピアンオパールは水を吸い込み、透明な見た目になります。

乾燥するとまた乳白色に戻るんですねΣ( ´・ω・`) 面白いですね^^

水を吸ったり乾燥したり・・・素材そのものは危ういということですね。安定しない。

乾燥に弱いということでもありますので、ヒビが入ったり割れてしまうこともあります。

汗も吸収してしまったりしますから、なんだか微妙な気持ちになってしまいますよね〜

小さな粒なら使ってもいいかなって思うのですが、そこそこ大きな粒は、その不安定さから使うにはちょっと躊躇してしまうワタクシです。゚(゚´ω`゚)゚。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。