さんざん聞かされた、「インド人、ウソつき説」の大ウソ。

私がインドに初めて行こうと決めたときに散々聞かされたのは、「インド人、ウソつき説」だ。

もちろん、外国人を騙そうとする輩は存在する。これはどこの国でも同じだと思う。インド人が特別そうだということではない。

初めてインドを旅したとき、私がインド人に対して持った印象は、「信心深く親切な人たち」ということだ。

バザール内の銀行で、ライフルを手にしている見た目ハードな警備員でさえ、とても愛想がよく丁寧に対応してくれた。

冒頭の、「インド人はウソつきだから、気をつけたほうがいい」と親切にも私に教えてくれた人がいる。
大いに誤解していると思う。

例えば。

行列に並んでいると、私の為を思ってか「あっちの方が早いぞ」という店の係員に従ってあちらの窓口に行ってみたら「だめだめ、向こうだ」と元の列に戻された。いや、最後尾になってしまった。

親切のつもりでやったことが、受け止める側にしてみたらありがた迷惑ということがある。
嘘を教えて困らせてやろうとしてやっている行為ではないので、ガッカリ感はあるものの、別に腹を立てるほどのことではない。

私がいつも一緒に仕事をしているインド人(私のビジネスパートナーであるRanjan氏)は、お行儀が良く、まるで日本人のように振る舞う。

インド人の中にも、様々な人がいる。これは日本人にも言えること。

つまるところは、受け手次第ということだろう。

 

関連記事

  1. タージマハール

  2. ジョドプルのリトリートホテル(その2)

  3. ガンジズ川での沐浴

  4. インド料理(カレー)とは、スパイス煮込みのこと

  5. ジョドプルのリトリートホテル(その1)

  6. 陶器の魔除け、ここで発見!

  7. 旅の準備はAmazonが頼り

  8. カルニマタ寺院/ネズミのお寺(動画あり)