初心忘るべからず

クリスタル ラブラドライト
ALANKAR日記

ある方のメルマガを受けて、「はっ」としたことがありました。

起業したての頃って、とにかく必死でした。

だんだん軌道に乗ってきて、日常の業務のようになっていくと、初心を忘れてしまうのです。

私の場合、新しいことにチャレンジするということや、いろいろ試してみるということを、時間がないという理由を自分で作ってしまい現状維持が継続していました。

昨年秋頃〜今に至るまで、いろんなことを試すということをやり始めました。

昨年秋というのは、もちろんヒマラヤ山脈の麓まで行ってみるというもの。

数年前に初めてインドにおっかなびっくり渡航したことが、今では普通になってしまっていたので、ある意味自分に揺さぶりやチャレンジを与えてみたんです。

結果的には現地の村長さんの計らいでクリスタルの取引ができるようになりました。

手ぶらで帰るというシナリオや、崖くずれで立ち往生というシナリオもありました^^;

皆さんが心配すると思ったので帰国直後には言いませんでしたが、現実問題として数日前に崖くずれがあったようで瓦礫の撤去作業が継続中でした。作業車の横をすり抜けるように山道を走ったのです。

鉱山近くの現地に入るということは、非常に危険だということを思い知らされたのでした。

そんな経験も含めて、腹がすわったように思います。

今年から本格的に、ヒマラヤ水晶を扱うことに決めたということ、そして、国内の神聖なものを取り扱いたいという思いが強くなりました。

現状、コロナ騒動で大きく動くことが憚られるのですが、少しずつ準備を進めてまいります^^

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。