アガスティア1章とか13章とか、皆さん誤解している件

南インド タミルナードゥ
アガスティアの葉

アガスティアの葉を探す鑑定で、よくね、1章とか2章とか〜13章とか言いますが、その章について誤解があるみたいなのでお話ししておこうかなと思います。

私は3年ほど前に南インドのタミルナードゥ州チェンナイから南下したクンバコーナムから、さらに車で2時間という移動でアガスティアの鑑定を受けました。

もうこの距離は、チェンナイに戻るよりスリランカの方が近いという(笑)

日本から遠く離れた土地で、半日かけてアガスティア鑑定を受けました。

その時はアガスティアの葉に関する予備知識もなく、「は〜そういう鑑定があるんだね」という軽い気持ちでした。

当時は1章〜13章まであることすら知らず、実は全部開いてもらっていたことすら知りませんでした。

なので、他のところでアガスティア鑑定を受けた方から、「何章まで開いてもらったの?」みたいなことを言われた時に私は「はぁ?」っていう感じになってしまいました。

そりゃあそうですよね、結論として全部開いてもらったので、どの章を見てもらったのかと聞かれても意味がわかりませんでした。

 

TabiZuki Indiaのアガスティア オンライン鑑定のサポートをするにあたり、いろんな質問を受けるようになりました。

「どれくらいの確率で自身のアガスティアの葉に巡り合えるのか」

「1〜13章まであると聞きますが、鑑定時間内でどの章を見てもらえるのか」

などなど・・・

他の方がやっているオンラインサービスの内容や鑑定方法は知りませんが、

私の友人が経営しているTabiZuki Indiaが提供しているアガスティア・オンライン鑑定は、全ての章を一回の鑑定で開くことになります。鑑定は、3〜4時間、長い方で5時間ぐらいかかることもあるそう。

順番は詳しくは知りませんが、1章、2章というのは、鑑定を受ける方の健康面、ビジネス面、というある1面に絞った鑑定を言うそうです。

1章だけ聞きたいと言うなら健康面だけと言う意味合いになるそうです(1章が健康かは定かではないので間違いがあったらごめんなさい)。

TabiZuki Indiaが提供しているアガスティア・オンライン鑑定では、1章だけとか1章〜3章までとか、一部の章を切り抜いた鑑定はしていません。

1〜13章まで全てを開きます。

その中で、1章をもっと深掘りしたい、3章がもっとあるなら探して欲しい、というのは可能だということです。

ですが、その場合はかなりの時間がかかるそうなので、追加の依頼になるそうです。

現地では数日間、1週間、それ以上アガスティアの館周辺に滞在して、連日鑑定を受ける方もいるそうです。

その辺りのことは、オンライン鑑定を受けた時にナディリーダーさんに質問をしていただいて、直接お尋ねになってください。

私は他の方が提供しておられる鑑定のことは正直よく知りません。

カルマ解消の際に高額のプジャ代金を請求するようなリーダーが存在することも、鑑定料そのものが非常に高額な場合もあると小耳に挟みます。

正統な家系の、良心的で優れたナディリーダーの元で鑑定を受けて欲しいものです。

情報が少なすぎて選択の余地がないのが残念なのですが・・・

でも多分、話し方や態度でわかると思いますよ。

そもそも高い身分の方たちですから、自分たちの品位や役割をわきまえています。

TabiZuki Indiaがオンライン鑑定をやろうとしたきっかけは、日本のお客様からのお問い合わせがあったからだそうです。

そのことをナディリーダーに相談したところ、コロナ禍でインド渡航が出来ないので「ではオンラインでやってみましょう」という流れになったそうです。

現在、大変ご興味をいただいている方が多くいらっしゃるようで、早くて数週間〜1ヶ月待ちの状態になっているそうです。

TabiZuki Indiaはこちらから

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。