マクラメでインテリアを作る/タペストリー編

ボヘミアンマクラメ
Bohemian Macrame

こんにちは、ALANKAR(アランカール)です。

今、大きなマクラメタペストリーを製作中です。

このスタイルを私は「Bohemian Macrame(ボヘミアンマクラメ)」と呼んでいます。

流木の長さは、1mちょっと。

2m以上の高さに流木を固定しました。

流木は、たまたま通りかかったインテリアショップ(西海岸風雑貨ショップ)で見つけ、そのまま持ち帰りました。

この流木を使ったタペストリーに使っている材料を簡単に記しておきますと、

  • 流木
  • コットンロープ
  • ロウビキ紐
  • 精麻
  • 鹿角
  • 天然石

数種類の太さのコットンロープと、精麻を使っています。コットンロープはかなりの分量を使います。

野生の鹿角、天然石のマクラメサンキャッチャーを飾りました。

鹿角に関して言及しておきます。

これは角の生え変わりの時に鹿が落としていった物です。自然に生え変わるので。
山の所有者さんからきちんとした形で、しかるべき方を介して入手したものです。

販売している鹿角の多くは、自然の落し物ではないです。私はそういった乱暴な方法で鹿から奪ったものは使いたくありません。

ALANKARで使っているものは、決して鹿から奪ったものではないことを記しておきますね。

さて、大きなサイズのタペストリーをいきなり作り始めるのって、結構気合いがいります。

実は、流木は手に入れていたものの、なかなかスタートできずにいました。

この1〜2ヶ月の間に自然に材料が集まり始め、自然に手が動き始めました。

まだまだ制作途中ですが、幾つか制作できたら個展をするのも一つの目標にしてみようと考えているところです。

作業が進みましたらまたご報告しますね^^

たま〜にワークショップ開催します。

よろしければ、LINE公式アカウントへのフォローお待ちしています。

bohemian macrama alankar

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。