あえて本音を言うならば・・・(やや辛口)

マクラメって、作ることがとても楽しい手芸だと思う。

そんなマクラメが好きすぎて、石が好きすぎて、私はマクラメを仕事にしてしまったのだから。

クオリティの差こそあれ、その日のうちに身につけられるようにアクセサリーに仕上げることができる。

そして、どんどん複雑な装飾を施していきたくなるのだ。

数年前と違って教えてくれる教室は激増している。

教室によって個性があるから、複雑なレシピを提供してくれる先生方もいるだろうと思う。

私の感覚だけれども、「作りたい」と「身につけたい」はかなり隔たりがあるような気がする。

複雑で、ゴッテリとした装飾のジュエリーは作りごたえはあるし、仕上がった後の達成感は格別だと思う。

だけど、それを身につけたいのかな?と考えた時、私は正直「No,thank you」^^;

なので、できるだけさりげない装飾を心がけているのだよ。

11月の神戸レッスンはまだ空席ありますよ

 

関連記事

  1. マクラメ ローズクオーツ

    マクラメ編みで作る天然石ジュエリーのオーダーについて

  2. 10月のALANKAR展示会は無事終了