絶対に妥協しない。天然石ルースは品質重視で。

石の値段って、あってないようなものだと思う。

安い石に心動かされることがないわけではないけれど、でも結局のところ安い買い物は自分の自信がぐらつくこともあるし、実際のところ「まがいもの」である可能性もある。

私が買付先に選んでいる業者は、インド国内でも信頼されている宝石店だ。
建物も立派だし、従業員もたくさんいる。職人も抱えている。

正直、高いと思う。
ただし、高品質なものを取り揃えている。

なぜこのようなお店で私が購入しているかというと、信頼できるから。

きちんとしたお店なら、自分の店で売っている商品に責任を持っている。
万が一、販売した商品がまがいものであったなら、一気にその店は信用を失うからだ。

幾つかの業者さんからお買い物するのだけれど、私はどの石をどこのお店で購入したかすべて覚えている(記録もしている)。
だから、もし、まがい物の石が混じっていた場合は、返品してもらうことになっている。

もちろん、小さなお店でたまたま見つけた安い石を買うこともある。
そういったものは、ワークショップの練習用材料として安く提供している(ほんの少しだけれど)。

いくらで買うのか、ではなく誰から買うのかを重視したい。

もちろん、バザールに行けば、安いお店はいくらでもある。
その石が何の種類なのかが分からずに売っている店主、職人もいるらしい。

「これは、○○です。」とはっきり言えないものは私は扱いたくないのだ。
装飾に使う金属やビーズについても同じ。

ワクワクし、創作意欲が湧くような素晴らしい素材と日々向き合いたい。
ここのところ、大事なことじゃないかぁ〜と思う。

関連記事

  1. 透明感ある小さな石がお気に入り

  2. 原石コレクションをアミュレットに